若いうちからのスキンケア

スキンケアはいつから始めるのが良いのか、若いうちからのスキンケアは大切なことです。若いうちは新陳代謝も良く、スキンケアなど気にする必要はないなどと、根拠のない説明をする人もいるようですが、それは間違いです。特に10代からでも必要とされるスキンケアは、紫外線対策です。

紫外線による肌への影響は思いのほか大きく、若いうちに対処をする必要があるスキンケアの基礎といってもいいでしょう。特に顔に対する対策が必要なことは、洗顔があります。10代から20代はこのふたつの対策を早いうちから始めることで、将来のしみ、そばかす、シワ、毛穴の開きの予防が可能になります。紫外線いわゆるUV対策と洗顔が若いうちのスキンケアの柱と、考えてもいいでしょう。

男女問わず、思春期には男性ホルモンの働きが活発となり、皮脂の分泌量が増えてきます。それによって皮脂や汚れが排出されなくなり、毛穴につまりこれば思春期の最も気に成る肌のトラブルである「ニキビ」です。ニキビが思春期の象徴とも言われますが、ニキビ対策は最も早い時期のスキンケアが必要なトラブルです。

最近ではこのニキビについて、アクネ菌との関係が明確になりニキビの原因も解明されてきました。ニキビのできやすい顔、背中、胸などに多くアクネ菌が存在します。アクネ菌は皮膚常在菌です。どんな人でもこのアクネ菌が皮膚に存在しています。皮脂や汚れなどが毛穴に詰まるところがアクネ菌の格好の住処となり、アクネ菌の増殖を促すことになるのです。アクネ菌が皮脂を分解することで脂肪酸を作り出し、この脂肪酸がニキビに影響すると考えられています。ニキビと紫外線の関係、ニキビ予防の洗顔について次に説明します。

▽特選サイト
ニキビと同じく悩みが多いアトピーですが、こちらのような専用のスキンケア商品もあるようです>>>アトピー

 

Copyright © 2014 若いうちからのスキンケア All Rights Reserved.